読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃがめブログ

毒にはなるが薬にはならない、じゃがいもの芽のようなことだけを書き綴るブログです。

お一人様男子の台所にあると便利な七つ道具

もう少ししたら新社会人と言うことで、独り暮らしを始める男性も多いかと思います。
独り暮らしを始めるにあたって自炊を始めてみようかな〜って思う人も結構いると思うんですけど、料理って慣れてこないととてつもなく面倒くさいし上手くいかないんですよね……。そうやって挫折する人多し*1
と言うわけで、今回は料理をするときにあると便利で、料理モチベーションを下げない(目標が低いなw)道具の選び方を並べてみました。

ヤカン

独り暮らしをしていて、私の場合、何に一番お金を使ってるかと言うと、飲み物なんですね。飲料水。これ、結構バカにならない。コンビニのパック麦茶が1L100円程度で、2本飲むと200円。1ヶ月毎日2本ペースで飲むと6,000円。ということでかなりのチリツモ効果が働くわけです。もうヤカンで沸かした方が速くて安い。
また、あんまり体には良くないですけど、カップ麺とかね。お湯が活躍する瞬間ってのは結構ある。なので、ヤカンはあると便利。

電気ポットというのも有りますが、電気ポットはお湯を保温しておく道具であって、沸かす道具ではないです。こっちは電気代がバカにならないのと、カルキが凝固するのを掃除するのが面倒です。意外なくらいに汚れるんですよ。そしてその汚れが取れづらい。潔癖な人ほど、電気ポットはお薦めしません。

耐熱ガラスの容器

前述のお茶を入れたり、残ったカレーを入れたりするのに便利です。
独り暮らしで料理をすると、基本的に余ります。ほぼ確実に。なので、保管をする道具が必要。
わざわざガラスとしているのは、ガラスだとにおい移りが殆どしないからです。ポリとかは匂いが移ってしまったりして、色々とテンション下がります。ジップロックコンテナなんかは便利ですが、数回使い捨ての感覚が拭えません。

耐熱ガラスのお茶ポットにしておけば、沸かして冷め切ってないお茶も入れることが出来ます。この冷めるのを待つ面倒さが減るのとかも、ものぐさに取ってはありがたいものです。

蓋がしっかり閉まる厚手で丈夫な鍋

薄い片手鍋なんかもありますが、作りがしょぼいとティファールでも無いのに取っ手が取れてしまったりします。そうなるとテンションダダ下がり。
蓋がしっかり閉まる方が熱効率が良いので、料理完成が早く光熱費がちょっとだけ抑えられます。作りおきしても冷えにくいですしね。
スチールウールで洗えるように、テフロン加工されてないステンレスの鍋が良いと思います。煮物メインの鍋なら焦げ付きも少ないでしょうし*2

厚手のフライパン

まず、なんちゃってテフロン加工は止めときましょう。即効でなんちゃっての部分が剥げてきて、テンションを下げてくれます*3。最近はガッチリしたテフロンのフライパンもあるようなので、焦げ付きを減らしたい人はそういうのを見るのも良いでしょう。
厚さは、厚めのものを。重いので女性にはお薦め出来ませんが、男性なら大丈夫でしょう。厚い方が熱蓄積がなされて、例えば玉子焼きなんかは焦げ付きにくくなります*4
あんまり小さいと炒め物時にはみ出す恐れがあるので、適度な大きさのものを。

よく切れる包丁

100均やドンキなんかで売ってるおもちゃみたいな包丁でも、全く切れないなんてことはありません。まあまあ切れなくはない。ただ、肉を切ったりするときに物凄くストレスが溜まります。特に、皮付き鶏肉の皮。これが切れない。奮闘してるうちにイライラしてテンションが下がると言うわけです。
なので、ちょっと良い包丁にしましょう。統合スーパーで2,000円も出せば、普通の包丁が買えます。とりあえずはこんなもんで良いと思います。マジに料理したいなあ、という人はこういった店に行くとテンション上がると思います。

切れる状態を維持するために、簡易包丁研ぎを忘れずに。

計量器

計量カップ(500ml程度)とサジセット(大・中・小)があればOK。
細かくは、こちらのエントリーをご覧いただければと思います。

洗い桶

醤油や油がついた食器って、放置するとどんどん汚れが取れにくくなるんですよね。
そんなとき、洗い桶に漬け込んでおけばサラッと取れるようになります。特に、醤油とかの塩系は乾燥するとてんで取れなくなるのに、お湯に漬けると洗わなくて良いくらいにサラッと取れる。これは便利。
食器を洗い桶に入れる→隙をみてサラッと洗う、この流れが確立出来れば洗い物が溜まらなくなってきます。
後は、浸け置き洗いなんかも出来ますよね。布巾やスポンジ、まな板が汚れてきたな、って言うときに浸け置き出来ると便利です。


如何でしょうか。微妙に統制取れてない辺りがなんとも言えないチョイスですがw
自分に取って便利な道具、というのはあると思います。これをベースに色々使ってみて、必要不要を判断してもらえたらなあと思います。

*1:私も、最初気合を入れすぎて、思いっきりめんどくさくなりました。そういうもんです。

*2:カレーを盛大に焦がしたりしたら最悪だけど。

*3:剥がれたこの加工?はどこにいったの?ってなるから。

*4:卵を流し入れてフライパンが一瞬冷えることでくっついて焦げるっぽいですよ。