読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃがめブログ

毒にはなるが薬にはならない、じゃがいもの芽のようなことだけを書き綴るブログです。

非モテに関する雑記

雑記

 インターネットを始めてブログやSNSに触れて驚いているのは、自称・非モテ男性の多さです。感覚値ですが、男性の90%が非モテ自称しているような気が。では女性はどうかと言うと、既婚か彼氏持ちの方が多い。これはおかしい。バランスが合わない。

 この背景には、女性はフリーを公言すると面倒なことになりがちなので伏せている・男性は彼女奥方ができるとあんまりTwitterをしなくなるなどの理由がありそうですが、実際のところは藪の中です。それにしても非モテが多すぎないですか?

 で、もしかして非モテではないのに非モテを名乗ってる人が結構居るんでは、というのが最近の感想です。

 非モテってのは、こういう人。自らの槍でもって硬いものを突く。槍は貫けずぐんにゃりと曲がってしまう。それを直して鍛えてまた突いてやっぱりダメで、また直して鍛えてどうにもダメで、自分の他の武器と相手との相性に気付けず意気消沈してるような人。つまりアタックはするけど自分の武器の使い方と弱点がよく分かってない人。

 それに対して、ここで突いたら槍が曲がるしそれは嫌だなあ やめとこうか、と攻めることをしない人。これは非モテじゃないです。そもそもモテるアクションを取ってないんですから。モテるモテない以前の問題です。

 見ていると、俺イケメンじゃないしなあ的な姿勢を持って攻めることもせず非モテとしてる人が多いようです。今の例で言うと、後者。これってそもそも不戦敗ですよね。第一、ルックスがイケメンでも全くモテないヤツなんか幾らでも居ますからね*1。モテるかどうかとイケメンかどうかはあんまり関係ないです。

 そういう、モテに対する幻想を抱く人にだいたい共通した意識として、『モテる魔法』みたいなのがあるように感じます。別になんにもしてないけどモテる、のようなね。それははっきり言うとファンタジーの世界の話ですね*2

 私の周りで女性に好評な男性を観ると、いくつか共通点があります。それが、清潔感・気遣いの2点。この2点が程よく保たれてる人はモテてますね。逆に言うと、不潔・気を遣わない自己中はイケメンでもモテませんし、いわんやイケメンでないなら、です*3

 要は、非モテだとかただしイケメンに限ると言う前に、ちょっとしたことに気を遣いつつ自分の良いとこ売り込んで行けば良いんじゃないか、ってことです。見た目がイケてるかどうかなんてマジどうでもいい*4

 というか、見た目の格好良い悪いが好き嫌いにダイレクトに直結するような異性と付き合いたいと思います? 自分の見た目だけを気にして動けないと言うのは、そういう相手をメインターゲットにしてるってことになります。それって、なんと言うか、舞台が違うんじゃないかな、と思うのです。

 必要以上に卑屈にならず、かと言って過信せず、ここぞというところでアタックする。モテか非モテか語るのはその後の話ですね。

 と言うようなことを昔の自分に伝えたい。割とマジで。

*1:マウンテン・ティム様の悪口はダメ絶対!

*2:辻彩のシンデレラみたいな

*3:不潔な人はトニオさんにマジギレされます

*4:おおっと本体のハンサム顔、イエローテンパランスのラバーソウルの悪口はそこまでだ