読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃがめブログ

毒にはなるが薬にはならない、じゃがいもの芽のようなことだけを書き綴るブログです。

夢から醒めたら逢いましょう

300文字小説

関連エントリー短くても伝わる文章 - じゃがめブログ
文章が得意ではない私がボキャブラリーを振り絞って300文字小説に挑戦するエントリー。

左手の温かさが、僕の目を覚ました。
「おはよう、久しぶり」
彼女の声で、眠ってた頭と時間が少しずつ回り始める。


「髪、失敗しちゃったよー。」
久しぶりに逢うために切ったという髪は満足行く長さじゃなくなったらしくて、不満そうだ。なんでも、ショートカットは伸びたときに綺麗に見えるように切ってもらうのは難しい、らしい。
どれだけ話していたのか、気付かないうちに陽は落ちていた。そのうち、ストンと音を立てるように彼女は眠りにおちた。


12時間のタイムリミット――12時間起きては数日間眠り続ける、それが僕らのルール。
29日と31日の、近くて遠い、リズム。


彼女の温度を確かめながら、僕も目を瞑った。
「おやすみ、またね」


はてなダイアリー今週のお題が「眠りについて」だったので、急いで書き上げました。生活に役立つ良い眠りの話とかでは全くありません。ライフハック求めて来られたかたがいたらすんませんw

今回は「wikipedia:周期ゼミ(素数ゼミ)」を私の感覚で擬人化してみたらこうなった、という話です。地上で「出逢わない」ためのメカニズム(淘汰)って凄くないですか?なんか切なくなります。

話の展開は難しいですね。落ちきってない、というよりそもそも意味が解りにくい気がしますが・・・いかがでしょうか?

前2本よりも更に公開することに不安の残る文章ですが、こういうのは踏ん切りが大事ということで公開してみたいと思います。


今週のお題「眠りについて」