読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃがめブログ

毒にはなるが薬にはならない、じゃがいもの芽のようなことだけを書き綴るブログです。

ユニクロのセミオーダー風シャツがどうやって量販店を破壊するのかが疑問

さようなら量販店。ユニクロのセミオーダー風シャツがビジネスシャツ業界を破壊しそう
エントリーを読んでユニクロのサイトを観た上での疑問点。

ユニクロのサイトには100番手双糸とはあるが、その素材と織りが解らない。綿100%か、化繊が混ざるのかで生地の観た感じの風合いと着心地が変わってくるはず。面積単位の糸の本数によって高級感が出たりしょぼく見えたりもするんで、『100番手双糸』と言われても判断できない。

・さらっと流してるが、ネクタイを締めた時に襟が崩れるのはビジネスシャツとして致命的。特にユニクロのシャツは襟小さすぎワロタってなってしまってこれまでビジネスでは使ってなかったんで、そこが改善されないと着られないのだけど、どうなったのか。

・形状記憶、形態安定の加工がされているかが不明。いわゆるイージーアイロンはサラリーマンには必須。イージーアイロン機能がないシャツを普段使いするとアイロンがけのコストが増大する。クリーニングに出すなら数回出すだけで購入額を上回るランニングコストが掛かることになる。

・肩の位置はどうなるのか? サイズの展開を観たところS, M, L, XLの基準型に対して袖の長さで調整するように見えるが、そうすると肩と肩の縫い目が合わないという可能性がある。肩の内側に縫い目が来るとシャツが小さく、逆に縫い目が肩の外に出るとシャツが大きく見える。

・襟とカフスのところがどうなっているのかが全然解らない。薄いカジュアルシャツのようになっているならビジネスとして使うには物足りない。

・一部量販店では4,000円台でセミオーダーシャツが作れるので、コスパ考えたらそちらのほうが良さそうに観える。そもそも4,000円台のセミオーダーシャツがこの世にあるのに未だに既成品シャツを5,000円以上で販売する量販店が破壊されていないのにユニクロが何を破壊するのかは疑問

・そもそも紳士服の量販店でも2,000円台からワイシャツを置いていたりするので価格的にそんなにユニクロに優位性があるのかも疑問

 

この辺りの疑問がクリアになって「やっぱりユニクロコスパすげーな!」ってなったら利用したいのですが、そんな日はやってくるのでしょうか。

仄かに期待しつつ、現場からは以上です。

トイレに閉じ込められた話

トイレに閉じ込められてしまいました。ハイパー焦った。

顛末

ティッシュペーパーの買い置きとリードディフューザーが無かったら脱出することは不可能だったし、たまたまスマホをトイレに持ち込んでなかったら誰にも助けを呼べないところでした。そうしたら数日は食事も取れない、寒さに震えることに……いやはや、恐ろしかった。

便座が温まるタイプのものだったのも幸運でした。冷えきった便座に座っていたら開けようというファイトも湧かなかったでしょう。あと心の中のジョジョのお陰で勇気をもらえたみたいなところもあるし、便座とジョジョに感謝。ありがとう、便座。ありがとう、ジョジョ。諦めないで戦えたのは君たちのおかげだ。

今日の教訓

トイレの前に物を置くのはやめよう。一人暮らしはトイレのドアを閉めきらないほうが良いかも。もしくは家でうんこするな。

 

というわけで、もう二月ではございますが、あけましておめでとうございます(ダブルミーニング)

新年一発目のエントリーがトイレからというのはいかがなものかとも思いますが、みなさんいかがお過ごしですか。

【国産木刀】赤樫 棒 6尺 (1寸径)
木剣ショップ
売り上げランキング: 18,989

アンコントローラブルなことをとやかくしようとしてもストレスが溜まるのみ

雑記

【炎上】ホリエモン、新幹線で泣く子供に対し「舌打ちもしょうがない」「睡眠薬飲ませればいい」と発言 - NAVER まとめ
堀江さんは意外と子ども思いないい父親だと僕は思いますよ? - かくいう私も青二才でね

 まず、子どもってアンコントローラブルじゃないですか。親にとって子どもはラジコンではありませんし、ましてや所有物でもありませんから、操縦することはできません。更に『私』にとって、子どもを連れている親御さんもアンコントローラブルですよね。他人ですから、行動を制限したり何かを強制することはできません。
 ということは、『子どもを連れている親御さんに子どもを制御させて黙らせる』ってほぼ無理ですよね。アンコントローラブルもいいとこ。

 アンコントローラブルなことに着目してどうにかしようとするとストレスが溜まるばかりです。どうにかすることはできないし、どうにもならない。そういうときは私はできるだけ気にしないように意識を別のところに向けるようにしています。だって、自分がしんどいから。余計イライラするだけですからね。

 イライラすることってあると思うんです。疲れているときにギャーッと騒がれたら内心で「勘弁してよ……」と思うかも知れませんし、そういう感情を持つのが悪人だということではなく。人間が増えれば増えるほど接触するストレスは増えるのに、敢えて解決不能なストレス掛かる事案に目を向けてイライラを重ねんでも、っていう風に思いますがみなさんいかがお過ごしですか。冬も深まり寒い日が続いていますが、お元気ですか。

議論と感情について

雑記

 議論から感情を抜くのは、立場の異なる者が感情を交えれば『より感情の強い方が勝つ』という場になり、ヒステリックが正義になってしまい、結果として冷静な者の感情が蔑ろにされるからであって、感情を大事にするからこそのことです。理屈を整理して場の統一的な理想を立て、その上で「でも感情的には○○だよね」を慮ることで建設的な話が始まります。
 感情は調味料みたいなもので、無ければ味気ないが最初から塩! 胡椒! 塩! 胡椒! とぶち込んで行ったら訳解らなってしまいます。だから議論は感情は抜きに、しかしその議論は感情に立脚するということを弁えて進めれば良いのではないか。そんな風に考えておりますがいかがでしょうか。

電動鼻毛カッターのムズムズしない使い方を発見しました

雑記

 電動鼻毛カッターって、使うと鼻がムズムズして涙までもが出ませんか? 鼻毛切りすぎて風邪引いたり……私はそうなってしまっていたのですが、ムズムズしない方法を発見しましたのでメモしておきます*1


1.鼻息をムフーンと吐いて鼻の入り口(出口?)辺りの余計な毛を外に追い出す
2.余計な毛が外に飛び出している間に鼻を摘んで毛を外に挟みだす
3.飛び出している鼻毛を電動カッターでボボボボボとカット

 これだけでございます。広告などにあるように鼻に電動カッターを捩じ込んで毛を切ると、微細な振動が毛を伝わって毛根から鼻の粘膜を刺激して鼻水とくしゃみと涙までもが出てしまうのですが、鼻を摘まんでしまえば鼻の入り口で振動が止まって毛根まで到達しないというわけ。切りすぎて鼻毛の役割を果たさなくなるなんてこともなくなります。ついでに、鼻に捩じ込まないのでやや衛生的かつ刃が錆びにくいというメリットもあります。
 この方法でやるとおおよそOKなんですが、それでもちょっとフライングゲット気味に飛び出してくる毛はありますので、そういうのはチョリチョリっとカットすれば一網打尽でございます。まぁそこはちょっとした我慢ってことで。

 ちなみに、私が使っているのはこちらのカッターです。こういうエントリーの常で宣伝を貼っておくことにしましょう。

 このような感じで電動鼻毛カッターのいい感じの使い方の共有をもちまして、新年のご挨拶とさせていただきます。
 今年もよろしくお願いします。

*1:もしかしたら割りと周知の話なのかも知れませんが、どうにも情報が見つかりません。

すべての行動が性格から表れるという訳ではない

雑記

 人は他人の行動を観たとき、それがその人の性格から現れる行動だと考えがちです。ゴミをポイ捨てするのはマナーがないからだと考え、遅刻した人はズボラで意識が低いからだと考える。世の中には『相手の性格を行動から見抜く方法』が山ほどあって、行動には性格が表れると説いています。この意識の方がどうやら大多数で、性格から行動はほぼ確定する、ということのようです。人の内部に問題があると考える。

 しかし、自分の行動を鑑みるときは状況から表れる行動だと考えがちです。ゴミをポイ捨てするときは近くにゴミ箱がずっとなかったのにゴミを持ち込めない場所に入ろうとしているからだ、などと考え、遅刻した時は前夜の仕事が遅くてどうしても起きられなかった、電車が混んでいて遅れた、などと、『そうせざるを得ない状況だった』と考える。これでは性格から行動は確定しないこととなり、人の外部に問題があるという考えのため先程の考え方と異なります。

 性格か状況か、行動を決めるのはケースバイケースなのでしょう。性格によって表れる行動もあれば、状況下によってやむない行動もある。

 人の行動の結果を鑑みるときに性格による結果だと考えると、どうしても属人的になり状況に対する思考に至らない。にも関わらず、自分に対してはできる状況への配慮が他人にはできなくなる傾向があるのです。問題だと思われる行動が解決しない理由はそういうところにあるのではないでしょうか。他人の問題だと思われる行動を観た時に『その人の性格がダメだから問題が発生している』と決めつけてしまってはいやしないでしょうか。

 私自身を顧み周囲の人間を観てそうだというだけですべての人がそうであるという訳ではない、というエクスキューズを入れさせていただき、締めのご挨拶とさせていただきます。

クッキーを無限に焼き続けるゲームが微妙にブームになりつつある件

ゲーム

Cookie Clicker
ルールはこんな感じ。

・画面左のクッキーをクリックすると、クッキーが焼ける
・画面右のプラントをクリックして製造すると、自動的にクッキーが焼かれるようになる(プラント建造にはクッキーが必要)
・上位のプラント(カーソル<老婆<農場<工場<鉱山<輸送船<錬金術研究所<異界の門<タイムマシン<反物質凝縮器)ほどクッキー製造速度(CPS:cookies per second)が高い
・プラントを購入すると、プラントの単価が上がる
・単位時間あたりのCPSはグッズで上昇させられる
・定期的にゴールデンクッキーが画面上に現れるので、クリックするとボーナスゲット(ボーナスはクッキーゲットか7秒間のCPSアップが多い)

シンプルなクリックゲーで、故になのか中毒性がありちょこちょこと触ってしまいます。終了後の虚無感はなかなかのものだと思いますが、ゲームってそんなもんですしね。何かが残ることのほうが少ないし。という訳でそこに関しては気にしない。

さて、クリックゲーではあるのですが、ある程度ゲームが進むとクリックしてもしなくても関係ないくらいの速度で自動生成されます。よってクリックゲーとしては最初の20分くらいしか遊べません。多くの人が老婆を雇用する方向で楽しんでいるようです。老婆を雇用すると(老婆に限らずプラントを増やすと)改造を施すことができるようになるのですが、初段階ではなんてことないのですが、改造を続けていくと老婆が謎の生命体になっていく、という面白みがあります。

ストラテジーとして楽しむのであれば、『1,000万CPSになるまでのタイムアタック』などのルールを付けることで成立するかも知れません。ただ単に増やす方向で、時間を掛けて自己満足に耽るのも良いかも知れません。

ちなみに、私の今の状況はこんな感じ。

はてさて、この焼き老婆ゲー、いつまで流行るものなのでしょうか。流石に明日にはもうブームは去っているとは思うのですが。