読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃがめブログ

毒にはなるが薬にはならない、じゃがいもの芽のようなことだけを書き綴るブログです。

むしろエスカレーターを駆け上がる人が脅威だということ

雑記

標題の件、これは「エスカレーター」や「動く歩道」での話である。混雑時右側を歩いている人が、団子を抜けて先頭に立った瞬間に真ん中を歩く人が非常に多いことへの愚痴である。「邪魔なんじゃ、ボケ」。

多くのエスカレータや動く歩道では2列を想定していると思われる。事実ボケも団子を抜け出すまでは右側を歩いている、団子を抜け出した瞬間に真ん中を歩くのは頭が悪すぎる。後ろに人が居ることを完全に忘れている、自分だけ最高で、、、邪魔だボケ!

2013年7月 - だめリーマンの思考法

 『自分だけ良しということで立ち止まる人』は、電車だと迷惑だなあと感じたりもすることもありますね。電車の出入り口の辺りで立ち止まってしまって通行を止めてしまう人、それはちょっと迷惑なんですが。エスカレーターでは感じないかなあ。

 そもそもエスカレーターは歩かない想定のものなので、想像で元々の想定を変えてしまうのはどうなんでしょう。(参照) 最近だと新聞のトピックスになっていましたね。(参照)*1 この手の話はちょくちょく出ますけれど。

 私は普段はエスカレーターを使わず階段を使います。使いたいときは身体を痛めているとか体調が悪いとか極めて疲労しているとか、そういうときです。そうなったら解ると思うんですが、エスカレーターで横を猛スピードで擦り抜けていく人は脅威ですし、ぶつかると結構痛いんですよね。しかも結構ぶつかります。そらそうだ、元々2人がすり抜けるような想定で作ってないですから。

 健常でバンバン歩けるときならあんまり気にならないのかも知れないんですけれど、止まって乗る人の立場から見ると擦り抜けが脅威であることは感じられるのではないでしょうか。

 ってか、エスカレーターを歩いて登るくらいなら階段使えばいいんじゃないですか。階段を登るのとエスカレーターを登るのを比較して、必要な体力と時間にそれほど差があるとも思えませんが……。


*1:これを受けた釣り記事なのかも知れません。