読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃがめブログ

毒にはなるが薬にはならない、じゃがいもの芽のようなことだけを書き綴るブログです。

CCCDについて書いた記事へのコメントについて

 まいどお目に掛かります、ディービィーです。
 先日書いたエントリーがTwitterで共有していただいたお陰で広く読まれることと成りました。
 読んでいただいたのに際して色々とコメントを頂きましたので、気になるものを取りあげさせていただきます。

取り込みが可能なアプリは存在するから、それで取り込めば?

 情報ありがとうございます。
 確かに、CDExEACといった一部アプリケーションで取り込むことは可能です。iTunesですら、取り込みことは可能です。
 しかし、著作権第三十条二では「プロテクトが掛かっていると解っていてリッピングをおこなう行為」を違法としています。

技術的保護手段の回避(技術的保護手段に用いられている信号の除去又は改変(記録又は送信の方式の変換に伴う技術的な制約による除去又は改変を除く。)を行うことにより、当該技術的保護手段によつて防止される行為を可能とし、又は当該技術的保護手段によつて抑止される行為の結果に障害を生じないようにすることをいう。第百二十条の二第一号及び第二号において同じ。)により可能となり、又はその結果に障害が生じないようになつた複製を、その事実を知りながら行う場合

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO048.html#1000000000002000000003000000005000000000000000000000000000000000000000000000000

 場合によってはOKとなる条文もあるようですが、公に法律グレーなことを勧める訳にもいきませんので、取り込みはおこなわないものとしました。

CDプレイヤーで再生してアナログで録音すればよい

 こちらも上記の条文に引っかかるものと考えます。
 アナログで複製したものを「その結果に障害が生じないようになつた複製」とするかどうかは疑問が残りますが……。

 そもそも、面倒くさいです。そのためにわざわざCDプレイヤーを購入する手間とお金を出すというのも。

Macなら聴ける

 Macください!

本当に音楽好きなら再生できるCDプレイヤーを持っているはず

 CCCDについての認識が異なっているかも知れません。
 いわゆるコピープロテクトは「敢えて情報にエラーを交えたもの」です。通常の音楽CDプレイヤーならエラーを補正しつつ再生できますが、PCのドライブではエラー補正が働いてしまって正常に取り込むことができません。
 ただ、上記のようにするために「通常の音楽CDプレイヤーでも再生できない」ということが多々あります。わざとエラーを混ぜてますからね。私が過去に持っていたプレイヤーも、再生できないことがありました*1

 CCCDの規格はオープンにされていないですから、実はCCCD対応のプレイヤーというものはほとんど存在しません。Sonyなども発売はしていないと記憶しています。あるとしたら、超高額なCDプレイヤーです。

 CCCDも含めて聴けるプレイヤーを持つことが音楽ファンなのだとしたら、私はそうはなれないな、と思います。

 この提案(?)は現実的ではないと判断しました。

8年も前のものが今動くと考えるほうがおかしい 当時のアプリは今の環境では動かない

 アプリケーションは動作対象環境というものが明確にされています。そこで示されていない環境であれば、確かに保証はされていないものです。
 が、一般に広まっている音楽CDはCD-DA形式として規格が決まっています。音楽専用で無いPC用ドライブでも、読みこむことは可能です。そのために規格というものは存在しています。

 CCCDは、規格上はCD-DAではありません。CCCDで問題なのは、あたかもCD-DAと同じ環境で再生できそうな雰囲気で店頭に並んでいるにも関わらず規格が異なる、ということです。

 環境によっては再生することができないということが周知された上で、明らかにCCCDだと解るようになっているものからユーザーが自ら選択する。そういうことであれば、このご意見は妥当ですが、実際はそうなっていない、ということが問題の本質かと考えます。

返品すればいいんじゃない?

 それも良いのですが、なんだか気分は良くないのでためらわれますね〜。

CDジャケット画像が消されている

 紛らわしくて申し訳ありません。CDジャケット画像に関しては、消されたわけではありません。自主規制です。

 著作権上の引用にあたるから表示してもOKなのでは、というご意見もありましたが、SonyMusicのサイトの著作権のポリシーを確認し、念の為に伏せました。

Q. 個人のホームページや印刷物にCDのジャケット写真、アーティスト画像、音源を使用してもいいのか?


A. ソニーミュージックの発売商品及びソニーミュージックのホームページに収録あるいは記載された著作物、及び音源・画源・映像等並びにすべての情報・表現等に関する権利は、ソニーミュージックに帰属又はソニーミュージックが管理しております。ソニーミュージックでは著作権保護のため、個人のホームページにこれらを利用することについては、いかなる態様においてもすべてお断りしております。ご利用はご遠慮いただきますようお願いします。

お問合わせ | Sony Music

ワロタ

 喜んでいただけて幸いです! 書いて良かった!

*1:CCCD自体は初めてじゃないんですよ、実は