読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃがめブログ

毒にはなるが薬にはならない、じゃがいもの芽のようなことだけを書き綴るブログです。

Twitterで『無断リムーブ禁止』が何度目かのブームを迎えている件

 Twitterで「無断リムーブ禁止・リムーブする際にコメントをつけろ」と発信した人のブログが絶賛炎上中です。

ろうとのだいばくはつ!! ツイッターで無言で私をリムーブ(フォロー削除)した人のリスト

 これ、面白いな〜と思うのは、そのコメント欄に「考え方が間違ってる」「Twitterやる資格無し」といった意見が散見されること。これはすごく面白い。なぜなら「無断リムーブ禁止」も「Twitterやる資格なし」ってのも、自分のルールを押し付けて「お前は俺の思うようにTwitterを使え」と言ってるという意味ではまったく同じだからです。

 ニーチェの有名な言葉にこんなのがあります。

怪物と戦う者は、自分も怪物にならないよう注意せよ深淵を覗き込むとき、深淵もまたお前を覗き込む

 まさにこれですね。こんなに明確に出てくるとは、という驚きがあります。


 今回の件で発信元の方が何故こうなったかというと、自意識の過剰さから来ているのだと思います。これもまた慣れてないからなのでしょう。試しに、毎日何人もの人から「今回リムーブする理由ですが、あなたのポストがRTされてきたので軽い気持ちでフォローしてみたのですが、正直面白くないというか生理的に受け付けないのでリムーブさせていただきます」とか言われてみるというのもいい経験だと思います。そこが想像できないところが自意識過剰の痛々しいところなので。一回経験してみたら解るのではないかな、と。そこで逆切れする人だと、どうしようもないですけれど。

 何でもそうですが、強弁で「お前は間違ってる」と言うよりも、それと解るようにしてあげるほうが効果があると思います。どうせ同じような労力なんですから。ストレス発散するために叩きたいっていうので無ければね。

 それにしても繰り返されるね。なんだろう、このポリリズム