読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃがめブログ

毒にはなるが薬にはならない、じゃがいもの芽のようなことだけを書き綴るブログです。

じゃがめブログ 2010年の記事まとめ

暮れの元気なご挨拶、どうも、Asmodeus-DBです。

今年もまたこの時期を迎えることができました。ブログ開設して2回目のまとめです。
ご挨拶は他に書きますので、ここはただただ無機質にまとめたいと思います。

ページ閲覧数 ベスト5

エントリー ページビュー
http://d.hatena.ne.jp/Asmodeus-DB/20100323/1269360315:Title=新社会人に贈る、仕事の基本 - 仕事の進め方 57,174
http://d.hatena.ne.jp/Asmodeus-DB/20100327/1269627747:Title=新社会人に贈る、最初の半年間で習慣化した方がいい基礎的なこと 56,192
http://d.hatena.ne.jp/Asmodeus-DB/20100116/1263632150:Title=学生の人に感覚を掴んでもらいたい、学生生活と社会人生活の違い 45,233
http://d.hatena.ne.jp/Asmodeus-DB/20100329/1269872091:Title=新社会人に贈る、『うつ』にならないための心得十箇条 29,782
http://d.hatena.ne.jp/Asmodeus-DB/20100417/p1:Title=ドラマ『素直になれなくて』がTwitterを描けていない理由 29,022

今年書いたエントリー数は、このエントリーまでで54本。その中で8本が10,000PVを越えました。まなめはうすさんで紹介していただいたり、Twitterで紹介していただいたりということでアクセスが増えたようです。

新社会人へのメッセージが、比較的好意的に受け止めていただけていたのは嬉しかったです。年内に、社会人デビューして半年経った新社会人に贈るエントリーを書こうと思っていたのですが、私都合により書けませんでした。その辺りが少し心残りですね。

はてなブックマーク数 ベスト5

http://d.hatena.ne.jp/Asmodeus-DB/20100327/1269627747:Title=新社会人に贈る、最初の半年間で習慣化した方がいい基礎的なこと 1,644users
http://d.hatena.ne.jp/Asmodeus-DB/20100323/1269360315:Title=新社会人に贈る、仕事の基本 - 仕事の進め方 1,338users
http://d.hatena.ne.jp/Asmodeus-DB/20100329/1269872091:Title=新社会人に贈る、『うつ』にならないための心得十箇条 768users
http://d.hatena.ne.jp/Asmodeus-DB/20100116/1263632150:Title=学生の人に感覚を掴んでもらいたい、学生生活と社会人生活の違い 554users
http://d.hatena.ne.jp/Asmodeus-DB/20100430/p1:Title=ブログを始めてみたいなと思う人へ、始めてみたけど行き詰まった人へ 384users

アクセス数とはてブ数がだいたい相関であることが解りますね。去年の最大が198usersだったのですが、今年は大幅にはてブが増えました。
単に数字として増えるだけであれば意味はありませんし、炎上して増える、などでもあまり意味が無いものですが、今回は支持をしてくれている人が居ての数字の模様。それが嬉しいです。ご愛顧ありがとうございます。

ちなみに、検索キーワードは「素直になれなくて」がダントツで一番多かったです。やはりテレビの影響というものはあるのですね。

今年の挑戦

去年からTwitter小説を書くなどして、文章を書く練習をしていましたが、今年はショートショートを書いてみました。
おばあちゃんのテレビと小鉢の塩辛
空色の万華鏡

うーん、今観るとやっぱ恥ずかしいくらいに下手だなw

2月くらいから余り書けていませんでしたが、来年はもうちょっと頻度を上げたいものです。誰得感溢れますが、まあこれは俺得ということで。

謝辞

ブログ更新日数、51日。去年が116日だったことを考えると、半分以下。ちょっと頻度が下がってしまいました。書きたいことのストックは山ほどあるのですが、どれもなかなかうまく形にできずに眠ったままになっています。本当は今年中に全部ブログに出しておきたかったのですが……。来年はもうちょっと更新したいなあ。そんなことを思います。

読んでくださってる方、ありがとうございます。こんな拙文だらけのブログですが、暇なときにでもまた読んでもらえたら幸いです。去年とまったく同じ挨拶になりますが、これにて今年の〆とさせていただきます。

来年もよろしく!

ほな、また。