読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃがめブログ

毒にはなるが薬にはならない、じゃがいもの芽のようなことだけを書き綴るブログです。

最近なんだかやる気が出ないな、と思ったら

なんとなくやる気が出なくなったりすることってあると思います。新しいことをしてみたいけど、取っ掛かりが出来なかったり、やらないと行けないのにと思いつつ先延ばしにしてしまったり。

そういう時は、気がつかないうちに身体が疲れて居るのかも知れません。
心と身体、精神と肉体と言うものは切っても切り離せないものです。どちらかが健やかであればもう片方も健やかに、病んでいればそのように引きずられるものです。ですので、普段とちょっと違う、ちょっとヘコみやすいとか、やけにセンチメンタルになってつらいということがあれば、身体がバテてしまっている可能性が高いです。身体のケアをしてあげるのが良いでしょう。

と言っても何も特別なことをする必要はなく。

  • 身体を温める
  • おいしいものを食べる
  • 寝る

シンプルなことを、たった3つだけ。こんなシンプルなことではあるのですが、意外にも忘れてしまうものです。特に、夏から秋への季節の変わり目では顕著です。

  • 身体を温める

夏の冷房に慣らされていると、どうしても身体が冷えてしまいます。身体が冷えると、病気に掛かりやすくなます。血行も悪くなり身体は硬くなり疲れやすくなります。夏の間に冷え切った身体を温めましょう。
お勧めは長風呂。最近ではiPhoneiPadの防水ケースなどもあって便利ですね。本を読みながら音楽を聴きながらお風呂にはいれてしまいます。ドライアー灸というのもありますね。こちらは、ドライアーの温かい風を肩などの冷えたところに当てて温めるというもの。火傷に気を付ける必要がありますが、結構有効です。

  • おいしいものを食べる

食事も大事です。夏場は暑いので冷たいものやアッサリしたものを好んで食べてしまいます。そうすると、栄養も偏りがち。栄養があるもので好きなものを食べてリフレッシュしましょう。

  • 寝る

気が滅入る→眠れない→疲れが取れない→気が滅入る→……。このループに入ってしまうと、どんどん体力を消耗してしまいます。出来る限り、寝ましょう。
とは言え、眠れないときはあるものですし、それは致し方ない。無理して睡眠薬飲んだりお酒を飲んで寝ようとしてしまったら、それはそれで体に悪いでしょう。無理やり眠ろうとするのではなく、布団に入って目をつぶってる間にそのうち眠れる、くらいで良いでしょう。
どうしても入眠が難しい、ということでしたら、自律訓練法をおすすめします。出来るようになるまで数日掛かりますが、結構効果あると思います。
秋の夜長という言葉もありますが、疲れたら無理せず素直に寝るのが良いでしょう。


ちょっと疲れたな、なんだかやる気が出ないな、という感じになったら、こんな感じで回復をはかってみてください。シンプルなことでも、案外効いたりすることってあるものですから*1

*1:難しい病ですとか、少し重いめのうつ状態などは解決できないかも知れません。が、一助にはなるかも知れません。深刻な状況になる前の予防の一つと考えてもらえると嬉しいです。