読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃがめブログ

毒にはなるが薬にはならない、じゃがいもの芽のようなことだけを書き綴るブログです。

うろおぼえで送る今週のHUNTERXHUNTER

雑記

以下、ネタバレを含む恐れが有ります。今週のジャンプを読んでいない人はご注意ください。

前回までのあらすじ:人類の文明の象徴・スギ花粉の嵐をまともに食らった王。ユピーの胸の中で、王の鼻水が今まさに大きく滴り落ちようとしていた。


ユピー「チクショオ早くしないと王の鼻水が垂れる!!間に合わねぇ!!とても!!宮殿のネピアまでは持たねえよ!!」
プフ「大丈夫……!!私が王を救う!!」
ユピー「どうやって………!?」
プフ「私のポケットティッシュを使っていただく。それだけのこと……!!」
プフ(さあ私の鼻セレブよ!カバンの隅々から集まって来い!)
プフ「王……いかがですかご気分は…?」
王「えもいえぬ感触…楽園の花の花びらのごとく……優しく鼻水が吸い取られていくのが解る…まさにセレブのかみ心地…」
プフ「それは宜しゅうございました。存分に鼻をおかみくださいませ。たっぷりと用意してあります!!」
王「たまらぬ…この感触を知ってしま…っては もう……他のティッシュは使えぬ……ではない…か」


ユピー「王……!!それではこちらもご利用ください!!」
プフ(履き古したブリーフをマスクに変えて……!!くっ…考えたなユピー!!)
王「なんと力強く濃厚な……一ヶ月以上は洗っていないとしか思えぬ臭い……まさに花粉を退ける悪魔の一撃……!」
ユピー「くぁっ」
王「優劣つける事かなわぬ由…共に極上の一品と断ずるに迷いの余地は皆無…足りぬ…もっとだ…!!両方…ともありったけ……持って参れ……」
二人「ハイッ!我が王ォ!!!喜んで!!」


ユピー(これは何だ……!?)
プフ(この症状は…!?)
王「これから……はこの症状を『花粉症』…と呼ぶがいい」
二人(!!)

と言うわけで、鼻水とくしゃみが止まらない人は花粉症という病気らしいですよ。
私も鼻水とくしゃみに悩まされていますが、これは多分花粉症じゃなくて別の謎の奇病です。